あるいは佐々木ユキ 公式blog

A Fairy Tale
福間健二監督作品  2013年/HD/カラー/79分

カテゴリ : 上映情報

愛媛県のみなさん、たいへんお待たせしました!
『あるいは佐々木ユキ』新年早々に松山に参ります。
『岡山の娘』も『わたしたちの夏』も上映してもらってきたシネマルナティックです。橋本支配人、このたびもまたよろしくお願いします!

『あるいは佐々木ユキ』は、福間監督の一番の意図だった冬の光を撮ることに成功したうつくしい「妖精」物語です。主な撮影は、2011年の1月5日から10日にかけて行ないました。きりっとした快晴の冬の日々でした。
撮影した時期と同じころに松山で上映してもらえることを、とてもうれしく思います。松山の冬の光のなかで『あるいは佐々木ユキ』はいちだんと輝いてくれることでしょう。
今回は、1週間の通常上映に加えて、1月18日土曜日に、福間監督の詩の朗読と上映を組み合わせてのイベントを行ないます。もちろん11日から17日の間に映画を見ていただいて、朗読だけ参加されることも可能です。ご期待ください!
また松山上映では、斬新でカッコいいオリジナルチラシを作ってもらっています。松山のあちこちで見かけたら、どうぞ手にとってご覧ください。

まわりの方をぜひともお誘いの上、シネマルナティックに足をお運びください。
この機会をお見逃しなきよう、どうかよろしくお願いします!


1月11日(土) 〜17日(金) 連日17:45〜

1月18日(土) 18:30 〜『あるいは佐々木ユキ』上映
        20:00 〜 福間健二 詩の朗読会


料金(当日券のみ)
 映画:一般 1,500円 学生1,200円 シニア1,000円
 映画+朗読会セット:1,800円(お茶代も含まれます)
*18日はルナティックの回数券もご利用になれますが、差額500円を頂戴します。映画を他の日にご鑑賞され、朗読会のみ参加の方も500円を頂戴します。



シネマルナティック
松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F
tel 089-933-9240
http://movie.geocities.jp/cine_luna/


 松山オリジナルチラシ表
1



 松山オリジナルチラシ裏
1




幸運なことに『あるいは佐々木ユキ』のニューヨークでの上映が実現します!
11月16日(土)、ニューヨーク大学のホールで行なわれます。

このきっかけをつくってくれたのは、神戸とNYを行き来しながら活動している若い女性アーティストのE. N. さん。今年2月の神戸での上映を見てくれたEさん。彼女は、NYで活躍する造形作家でありNY大学の講師である砂入博史さんに、ぜひ『あるいは佐々木ユキ』を見るように勧められたこと、さらには『ユキ』にエキストラ出演してくれたRさんが友人だったので見るように勧められたことで『ユキ』と出会いました。神戸の打ち上げですっかり仲よしになったEさんに、福間監督が「いつかNYで上映できたらいいなあ」とつぶやいたことが、Eさんと砂入さんの尽力でこのたびの幸運をみちびいてくれました。人生にはこんな出会いと幸福があるのですね。

『あるいは佐々木ユキ』初めての海外での上映、それもニューヨーク。どんなふうに受けとめられるのでしょうか。ドキドキします。でもすごく楽しみです。
福間監督も行くことに決めました! 35年ぶりのNYです。朗読もします。
もう25年もNYに住んでいる友人に会えるチャンスが、思いがけないかたちで訪れました!

NYやその近郊にお住まいの友人や知人がおられる方は、ぜひともこのニュースを知らせてください。英語ヴァージョンの上映情報と作品解説は下記のURLで見ることができます。これを見てもらってください。
そのほか、新聞・雑誌・Webなどのマスメディアにご縁のある方、ご協力いただければ幸いです。

『あるいは佐々木ユキ』がNYでたくさんの人に見てもらえるよう、どうぞよろしくお願いいたします!


2013年11月16日(土)
 7:30pm〜『あるいは佐々木ユキ』上映
 9:00pm〜 福間健二朗読

NYU Art Dept. Einstein Auditorium
(ニューヨーク大学芸術科 アインシュタインホール)

 34 Stuyvesant Street New York  NY 10003
(between 2&3 Ave and 9&10 street)
入場無料


英語版情報 http://sasakiyuki.doorblog.jp/archives/33886041.html





大阪七藝での上映ののち、『あるいは佐々木ユキ』はしばらくお休みしていましたが、9月はその反動のようにフル回転します! 
第一弾は横浜。横浜と言えば、ジャック&ベティ。ジャック&ベティでは、『岡山の娘』も『わたしたちの夏』も上映していただいてきました。黄金町の駅も、若松孝二監督も通ったおいしい中華の聚楽園も、すっかりおなじみになりました。
9月14日初日は、上映後に福間監督の舞台挨拶を予定しています。
タイムスケジュールは決まり次第アップします。

神奈川県の方、東京で見逃した方、ふたたびユキちゃんに会いたいと思っている方、どうぞこの機会に黄金町に足をお運びください。関東での上映は、この先しばらくは予定がありません。どうぞお見逃しなく!


9月14日(土)・15日(日) 一日2回上映
  10:30〜   
  20:25〜

9月16日(月祝)~20日(金) 一日1回上映 
  20:25〜


★イベント
 9月14日(土)10:30の回上映後 川野真樹子さん、福間健二監督による舞台挨       拶あり
        20:25の回上映前 福間健二監督による舞台挨拶あり
 9月20日(金)20:25の回上映前 小原早織さん(予定)、福間健二監督による舞       台挨拶あり


料金
当日一般:1500円 大学・専門:1200円 高校生以下・シニア:1000円
*詩集割引あり 
 お手持ちの詩集をご提示で、一般/大学・専門料金から各200円引き!



シネマ ジャック&ベティ
〒231-0056 横浜市中区若葉町3-51
tel:045-243-9800
京浜急行 黄金町駅5分、市営地下鉄 阪東橋駅5分
http://www.jackandbetty.net




鹿児島のみなさん、お待たせしました!
昨年8月の『わたしたちの夏』につづいて、『あるいは佐々木ユキ』も鹿児島ガーデンズシネマでの上映が決定しました。大好きな鹿児島での上映、福間監督もとてもよろこんでいます。

鹿児島ガーデンズシネマは、もともと自主上映会などを行なっていた鹿児島コミュニティシネマが、街の中心天文館にあるショッピングモール、マルヤガーデンズの7階のミニシアターを借りて運営している劇場です。大勢のボランティアスタッフが交代で日々の仕事を支えています。キャパ39の小さな劇場ですが、心地いい椅子と新しい映写環境がととのったすてきなミニシアターです。

このガーデンズシネマで、『あるいは佐々木ユキ』は、9月の連休22日(日)・23日(月)の2日間、3回の上映を行ないます。福間監督はもちろん今年も参ります。どうか今から予定を立てておいてくださいね。
鹿児島のみなさん、鹿児島寄りの熊本・宮崎のみなさん、どうぞこの機会をお見逃しなきようご来場ください。
お待ちしています!


9月22日(日) 2回上映
  15:30〜  上映後、福間監督トーク
  17:40〜  上映前、福間監督舞台挨拶

9月23日(月) 1回上映
  18:30〜  上映後、福間監督トーク
 



料金
一般 1,800円/学生 1,500円/高校生以下・シニア 1,000円
障がい者手帳をお持ちの方(付添1名様)1,000円
カゴシネ会員 一般 1,000円/学生 800円
*詩集割引あり!
 どんな詩集でも受付時にご提示で、一般・学生料金より300円引きに!
*「ユキ」割引あり!
 お名前の読みが「ユキ」の方は、1,000円に! 
 証明できるものをご提示下さい。


鹿児島 ガーデンズシネマ
〒892-0826
鹿児島市呉服町6-5
マルヤガーデンズ7F
tel&fax 099-222-8746
http://kagocine.net/index.html





大阪のみなさま、大変お待たせいたしました!
『あるいは佐々木ユキ』、6月1日からいよいよ第七藝術劇場で上映開始です。
第七藝術劇場では、『岡山の娘』も『わたしたちの夏』も上映していただきました。
福間監督にとって、十三の街はすでに馴染みの土地になっています。
6月1日(土)と2日(日)は、監督が劇場にいます! 
2日間とも、詩の朗読と舞台挨拶を行ないます。
耳から目へ、音から映像へ。『あるいは佐々木ユキ』ならではの試みを、大阪でも行ないます!
どうぞ迎えてやってください!
神戸映画資料館で見逃した方、京阪神の方、この機会にぜひともご覧くださいますよう、お願い申し上げます。

6月1日(土) 〜7日(金) 20:40 上映開始

6月1日(土)・2日(日)
  上映前(20:40から) 福間監督による詩朗読
  上映後(22:10ごろ)   福間監督舞台挨拶 


料金
前売り:1200円
当日一般:1500円 専門・大学生:1300円 シニア:1000円
*詩集割引あり 
 だれのどんな詩集でも受付時にご提示で、当日一般料金が1300円に!


第七藝術劇場
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27
サンポードシティ6F
tel:06-6302-2073 fax:06-6302-8820
http://www.nanagei.com/




いよいよ5月18日から、『あるいは佐々木ユキ』はシネマテークたかさきで上映になります。
2010年、第24回高崎映画祭で『岡山の娘』を上映していただいて以来、福間健二監督は群馬県とは深いつながりを持ってきました。2011年には詩集『青い家』により萩原朔太郎賞を受賞し、翌2012年には『わたしたちの夏』をシネマテークたかさきで上映、そしてこのたびの新作もまた、シネマテークたかさきでお世話になります。
このご縁のおかげで、群馬の方々とのたくさんの出会いがありました。新作『あるいは佐々木ユキ』をとおして、さらなる出会いがあることを願っています。

初日18日は、もちろん福間監督がご挨拶にまいります。
その後17時30分からは、同じくシネマテークたかさきにて、福間監督の朗読会を行ないます。『あるいは佐々木ユキ』は、画と音を楽しむ映画でもあります。その余韻のままに、音としての詩をお楽しみいただければ幸いです。
これは映画とは別枠で、朗読だけの方も受けつけます。

群馬のみなさん、どうぞこの機会に『あるいは佐々木ユキ』を存分に味わってください! 


『あるいは佐々木ユキ』

2013年 5月18日(土) 〜 24日(金) 15:30〜 一日1回上映


5月18日(土)初日上映後 福間健二監督と主演の小原早織さん(予定)舞台挨拶
※ 予定しておりました主演の小原早織さんは、都合により登壇できなくなりました。

入場料金
前売券 1200円   当日:一般 1700円 学生 1400円 シニア1000円
詩集割引:お手持ちの詩集ご提示で、当日料金より200円割引。

各回入替制・自由席  割引駐車場あり、詳しくは劇場まで。

前売券取り扱い場所 [4月27日(土)より発売開始]
・劇場窓口
・高崎市役所地下売店スイートピー
・戸田書店高崎店
・戸田書店前橋本店
・煥乎堂本店(前橋)
・戸田書店伊勢崎店


福間健二監督による「詩の朗読会」

17:30 スタート(舞台挨拶後、入場入れ替えにて。約1時間)
参加費:1000円(お茶付き)
朗読会のみの参加も可。

・お客様の入場方法について、
事前予約制
事前予約受付(劇場受付または電話 027-325-1744)
5月1日(水)より会員先行受付開始
5月3日(金・祝)より一般受付開始

映画+朗読会 セットで事前予約された方は200円割引
例)一般1700円+1000円→2700円のところ、2500円
  会員1200円+1000円→2200円のところ、2000円
 *映画の詩集割引との重複はありません。



シネマテークたかさき
高崎市あら町60ー1
tel. 027-325-1744
fax. 027-326-1311
http://takasaki-cc.jp/top





タイムスケジュール、トークイベントなど、決定しました!

『あるいは佐々木ユキ』は、ポレポレ東中野での上映を2月1日で終了しましたが、4月6日から、渋谷のアップリンクにて再映されることが決定しました!
見逃した! もう一度観たい! そんな大勢の方の声に応えて、チャンス到来です。
「はじまり」の4月、ユキの動く気持ちとともに観る『あるいは佐々木ユキ』は、また冬とはちがう顔を見せてくれるのかもしれませんね。どうぞご期待ください!
東京での上映は、アップリンクのあとしばらくは予定していませんので、この機会をお見逃しなきよう、よろしくお願いします。

2013年4月6日(土)〜  一日1回上映
 スクリーン:X(2F)

 4月6日(土)〜12日(金) 18:50〜
     13日(土)〜19日(金) 20:50〜


★    トークイベント「ガール・ミーツ・ドリームあるいは……」
本篇上映後に行ないます。
 
 4月6日(土)  福間健二監督+小原早織さん(本作主演) 初日舞台挨拶

 4月7日(日)  古澤健さん(映画監督)+福間健二監督
   『今日、恋をはじめます』が大ヒット中の古澤監督。
   二人の監督の「ガール」への思いは?
    
 4月9日(火) 山田真歩さん(女優)+福間健二監督
   『SR2 女子ラッパー傷だらけのライム』主演の山田真歩さん。
   ドラマに芝居に活躍中の、真歩さんの主義は?
 
 4月10日(水) 福間健二監督の詩朗読(上映前)
   耳から目へ、音から映像へ。『あるいは佐々木ユキ』ならではの試みです。

 4月13日(土) 「福間映画三銃士」+小原早織さん(本作主演)
   「福間映画三銃士」=鈴木一博さん(撮影)
                             秦岳志さん(編集)
                             小川武さん(音響設計)
   福間監督不在(名古屋シネマテークで挨拶中)で、どんな話題が飛び出す    か!
   
 4月17日(水) 福崎星良さん(映画監督)+福間健二監督
   昨年、恵比寿映像祭とアップリンクで上映された『Come Wander With     Me』が高く評価されている福崎星良さん。この3月、大学を卒業されたば   かり!
   福崎星良さんの短篇作品はこちらから。
   http://www.youtube.com/user/serafukuzaki

★ 「ユキの部屋」展示開催!
上映期間中、佐々木ユキの部屋を再現すべく、2階アップリンク・マーケットの一角に、劇中に登場した小道具たちの展示コーナーを設置します。
あっ、あれだ! えー、これだったんだ! そんな実物をじっくりご覧ください。
佐々木ユキ主義がもっと見えてくるかも……。


料金
一般 ¥1500  学生 ¥1300(平日学割¥1000)
シニア・UPLINK会員 ¥1000
★「わたしも(佐々木)ユキ」割引実施!
お名前が「ユキ」(読みが「ユキ」であれば、どなたでもOKです)のお客様は、ご本人に限り、¥1000に割引。お名前が証明できるものを、受付時にご提示ください。
また、お名前がズバリ「佐々木ユキ」のお客様は、ご本人に限り、無料ご招待させていただきます。お名前が証明できるものを、受付時にご提示ください。
★リピーター割引実施!
『あるいは佐々木ユキ』ご鑑賞時の半券をご提示で、ご本人様に限り何度でも¥1000でご覧いただけます。

http://www.uplink.co.jp/movie/2013/7582


アップリンク
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
TEL 03-6825-5503
http://www.uplink.co.jp/




名古屋の皆さん、お待たせしました!
『あるいは佐々木ユキ』、名古屋での上映が決定しました。
福間健二監督作品にはもうすっかりお馴染みの、名古屋シネマテークでお世話になります。
名古屋シネマテーク、今池スタービルにあり! 
古巣に帰るような気分で、福間監督、もちろんご挨拶に参上いたします。
名古屋とその近くにお住まいの方、どうぞこの機会をお見逃しなきよう、今池にいらしてください!

4月13日(土) 〜 16日(火)  20:35 上映開始
4月13日(土) 初日上映後 福間監督挨拶&トーク



入場料金 
一般:1500円 大学生:1400円
中・高生:1200円 シニア:1000円
詩集割引あり:受付時に詩集ご提示で、一般・大学生・中高生料金から200円引きでご覧いただけます。


名古屋シネマテーク

〒464-0850 名古屋市千種区今池1-6-13
今池スタービル2F
tel.052-733-3959 fax.052-733-3960
http://cineaste.jp





ポレポレ東中野での大好評を受けて、神戸映画資料館でも『あるいは佐々木ユキ』上映の前に、福間健二監督による朗読を行なうことを決定しました。

2月16日(土) 18:30の回上映前 18:30~

声から映像へ。耳から目へ。
映画館の闇のなかで、五感に身をまかせて、
『あるいは佐々木ユキ』を感じてください。




昨夜1月27日の、福間健二監督による詩朗読の圧倒的好評を受けて、
再び朗読を行なうことを決定しました!

1月31日(木) 21時の回上映前 21:00~

声によって開かれた耳にしみこんでくる『あるいは佐々木ユキ』の音と映像を
ぜひ堪能してください!

ポレポレ東中野での『あるいは佐々木ユキ』の上映は、2月1日(金)までです。
どうぞお見逃しなきようご来場ください。




このページのトップヘ