愛媛県のみなさん、たいへんお待たせしました!
『あるいは佐々木ユキ』新年早々に松山に参ります。
『岡山の娘』も『わたしたちの夏』も上映してもらってきたシネマルナティックです。橋本支配人、このたびもまたよろしくお願いします!

『あるいは佐々木ユキ』は、福間監督の一番の意図だった冬の光を撮ることに成功したうつくしい「妖精」物語です。主な撮影は、2011年の1月5日から10日にかけて行ないました。きりっとした快晴の冬の日々でした。
撮影した時期と同じころに松山で上映してもらえることを、とてもうれしく思います。松山の冬の光のなかで『あるいは佐々木ユキ』はいちだんと輝いてくれることでしょう。
今回は、1週間の通常上映に加えて、1月18日土曜日に、福間監督の詩の朗読と上映を組み合わせてのイベントを行ないます。もちろん11日から17日の間に映画を見ていただいて、朗読だけ参加されることも可能です。ご期待ください!
また松山上映では、斬新でカッコいいオリジナルチラシを作ってもらっています。松山のあちこちで見かけたら、どうぞ手にとってご覧ください。

まわりの方をぜひともお誘いの上、シネマルナティックに足をお運びください。
この機会をお見逃しなきよう、どうかよろしくお願いします!


1月11日(土) 〜17日(金) 連日17:45〜

1月18日(土) 18:30 〜『あるいは佐々木ユキ』上映
        20:00 〜 福間健二 詩の朗読会


料金(当日券のみ)
 映画:一般 1,500円 学生1,200円 シニア1,000円
 映画+朗読会セット:1,800円(お茶代も含まれます)
*18日はルナティックの回数券もご利用になれますが、差額500円を頂戴します。映画を他の日にご鑑賞され、朗読会のみ参加の方も500円を頂戴します。



シネマルナティック
松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F
tel 089-933-9240
http://movie.geocities.jp/cine_luna/


 松山オリジナルチラシ表
1



 松山オリジナルチラシ裏
1