いよいよ5月18日から、『あるいは佐々木ユキ』はシネマテークたかさきで上映になります。
2010年、第24回高崎映画祭で『岡山の娘』を上映していただいて以来、福間健二監督は群馬県とは深いつながりを持ってきました。2011年には詩集『青い家』により萩原朔太郎賞を受賞し、翌2012年には『わたしたちの夏』をシネマテークたかさきで上映、そしてこのたびの新作もまた、シネマテークたかさきでお世話になります。
このご縁のおかげで、群馬の方々とのたくさんの出会いがありました。新作『あるいは佐々木ユキ』をとおして、さらなる出会いがあることを願っています。

初日18日は、もちろん福間監督がご挨拶にまいります。
その後17時30分からは、同じくシネマテークたかさきにて、福間監督の朗読会を行ないます。『あるいは佐々木ユキ』は、画と音を楽しむ映画でもあります。その余韻のままに、音としての詩をお楽しみいただければ幸いです。
これは映画とは別枠で、朗読だけの方も受けつけます。

群馬のみなさん、どうぞこの機会に『あるいは佐々木ユキ』を存分に味わってください! 


『あるいは佐々木ユキ』

2013年 5月18日(土) 〜 24日(金) 15:30〜 一日1回上映


5月18日(土)初日上映後 福間健二監督と主演の小原早織さん(予定)舞台挨拶
※ 予定しておりました主演の小原早織さんは、都合により登壇できなくなりました。

入場料金
前売券 1200円   当日:一般 1700円 学生 1400円 シニア1000円
詩集割引:お手持ちの詩集ご提示で、当日料金より200円割引。

各回入替制・自由席  割引駐車場あり、詳しくは劇場まで。

前売券取り扱い場所 [4月27日(土)より発売開始]
・劇場窓口
・高崎市役所地下売店スイートピー
・戸田書店高崎店
・戸田書店前橋本店
・煥乎堂本店(前橋)
・戸田書店伊勢崎店


福間健二監督による「詩の朗読会」

17:30 スタート(舞台挨拶後、入場入れ替えにて。約1時間)
参加費:1000円(お茶付き)
朗読会のみの参加も可。

・お客様の入場方法について、
事前予約制
事前予約受付(劇場受付または電話 027-325-1744)
5月1日(水)より会員先行受付開始
5月3日(金・祝)より一般受付開始

映画+朗読会 セットで事前予約された方は200円割引
例)一般1700円+1000円→2700円のところ、2500円
  会員1200円+1000円→2200円のところ、2000円
 *映画の詩集割引との重複はありません。



シネマテークたかさき
高崎市あら町60ー1
tel. 027-325-1744
fax. 027-326-1311
http://takasaki-cc.jp/top